FC2ブログ

おっ君のスワッピング 3

766 名前:お ◆IbrY9GJNGY [sage] 投稿日:2012/09/22(土) 20:44:55.32 ID:UdcmhYej0 [2/23]
お久しぶりです続きを書きます
マモル夫妻とスワップをするようになってからというものの
結構なペースでスワッピングをするようになりました
毎週してたと言っても過言ではなかろうか?って感じです
嫁も表面的にはそれほど嫌そうには見えませんでした
誘うとエ?マタ?(^_^;)って感じではあったんですけどね

767 名前:お ◆IbrY9GJNGY [sage] 投稿日:2012/09/22(土) 20:50:05.30 ID:UdcmhYej0 [3/23]
ただやっぱり嫁の本心は知りたかったので
ちゃんと二人でスワップについて話したりはしてました
マモルとのプレイについて言葉攻めとかは恥ずかしがって反応しないんですけど
そういう真面目な夫婦としての話はきちんとユリも乗ってくれました
まぁユリとしてはなんだか慣れちゃった部分もあるみたいです
最初は俺がアリサとするのがすごく嫌だったみたいだけど
自分もしちゃってるからその罪悪感とチャラなのかなぁ(;一_一)
とある程度納得しているみたいです

768 名前:お ◆IbrY9GJNGY [sage] 投稿日:2012/09/22(土) 20:55:06.06 ID:UdcmhYej0 [4/23]
そんなこんなで何度かスワップに慣れていったこともあって
俺達は少し変わったことをやり始めました
ラブホで隣同士の部屋に入ってそれぞれHするというパターンです
家とは違い覗いたり覗かれたりが無くなったので
安心感と共に嫉妬感が増すんではないかという狙いです
ロビーというか部屋を決めるところまでは一緒に行って
それから別々に一組づつエレベーターに乗っていきます
その時絶対に俺とユリは目を合わします
二人とも超苦笑いです
どちらかがエレベーターに消えながら少しだけ手を振り合います
なんだかすごい胸が締め付けられるんですよね

769 名前:お ◆IbrY9GJNGY [sage] 投稿日:2012/09/22(土) 21:01:12.15 ID:UdcmhYej0 [5/23]
このパターンの時の一回目の時はもう気が狂いそうなほど嫉妬しました
この壁の向こうで・・・って思うと居てもたっても居られません
気を逸らそうと必死でアリサを抱きました
その時も普通に生中出ししてしまいました
アリサと二人で超燃え上がりました
当然マモルやユリには内緒です
秘密を共有することによってアリサとは背徳感に溺れ
マモルとユリに対する嫉妬を優越感で誤魔化せていたんです

770 名前:お ◆IbrY9GJNGY [sage] 投稿日:2012/09/22(土) 21:05:41.46 ID:UdcmhYej0 [6/23]
あとアリサに四つん這いになるよう言われて従ったら
突然お尻を舐められて「ひゃっ」ってなりました
アナル舐めなんて初めてですごくぞくぞくしました
友人の嫁にアナルを舐められるのは人生の真理に近づけた気がします
世界中のあらゆるものに、何度も心の中で感謝を繰り返しました
アリサはマモルにいつもこんなことしてるのかな?って思うと
ユリもやらされてるのかな?なんて思っちゃって
それなら先にマモルの女を汚してやる
なんて下衆な考えを持ってしまったこともあり二回中出ししました
(ちなみに俺とマモルの関係は良好です。プレイの時だけ嫉妬して劣等感煽られるだけです)
ちなみにアナル舐めの有無は未だに確認できていません
やってたらやってたでその現場を見たいという気持ちもありますけど
流石に面と向かってマモルかユリに聞くにはへたれてしまいます


771 名前:お ◆IbrY9GJNGY [sage] 投稿日:2012/09/22(土) 21:11:48.30 ID:UdcmhYej0 [7/23]
そんな事もありながら
嫉妬して勝手に劣等感抱いて黙って中出ししたりしていました
でもそうなってくると不思議なもので
俺はこの辺からはアリサを抱きたいという欲望よりも
ユリがマモルに犯されている姿をもっと見たいと思うようになってきました
ユリとマモルに対する罪悪感もあったんだと思います
あとは自分達も秘密でこんなことしてるんだから
向こうも何かしてるんじゃないか?という自分勝手な猜疑心もありました
でもそう疑うことで興奮する自分がいました


772 名前:お ◆IbrY9GJNGY [sage] 投稿日:2012/09/22(土) 21:16:27.06 ID:UdcmhYej0 [8/23]
次のラブホでのプレイの時に俺は提案しました
「お互いハメ撮りして、それを交換しよう」
滅多に自己主張しないユリが拒否の姿勢をとったのです
・・・エエエ・・・ヤダナァ(-_-;)
くらいなものでしたけど
「俺に見せれないような事してるのか?」
「一回見たらお前の目の前で消すから」
等等なだめすかしてなんとか許可を取りました


773 名前:お ◆IbrY9GJNGY [sage] 投稿日:2012/09/22(土) 21:20:15.78 ID:UdcmhYej0 [9/23]
俺は初めてのハメ撮りをアリサと頑張りました
カメラを持ちながら腰を振るのはとても大変でしたが
アリサのアドバイスも受けつつなんとかそれっぽく仕上がりました
やってる途中に「ユリもマモルとこうやって共同作業やってんだねw」
と挑発されて興奮したことは言うまでもありません
ちなみにこの時は当然ちゃんとゴムをしてやりました
アリサはわりとノリノリでした
撮られるのは恥ずかしいけどすごく興奮するらしいです
「きっとユリも一緒だよ」と言われて
マモルにハメ撮りされて、いやいや恥ずかしがりながら
実はいつもより興奮しているユリを想像しながらアリサで果てました

775 名前:お ◆IbrY9GJNGY [sage] 投稿日:2012/09/22(土) 21:22:04.73 ID:UdcmhYej0 [10/23]
そしていつも通り別々に部屋を出てラブホの駐車場で待ち合わせ
ユリとマモルは先に出ていました
ユリの表情を見ると・・・ズーン(-_-;)とこんな感じ
俺に気づくとΣ(・_・;)と挙動不審になってました
マモル夫妻と別れて車で帰宅途中でも
何度も俺の腕をつんつんしてきて
「ねぇ・・・これ捨てちゃ駄目?」とカメラを持ち出してきました
その度にキスしたり頭撫でたりして誤魔化しました

778 名前:お ◆IbrY9GJNGY [sage] 投稿日:2012/09/22(土) 21:28:01.61 ID:UdcmhYej0 [11/23]
家に帰ると早速見れるようにセッティング
リビングで二人で見ることに
ユリは当然アワワアワワとじたばた抵抗しましたが
強引に後ろから抱きしめながら見ることに
その時やはりユリは抱き心地が良いふわふわな身体をしていて
なおかつ甘い香りがぷんぷん漂ってきました
数十分前にこれが他の男に抱かれたという証拠を
今まさにこの目に焼けつけれると思うとどうしようもないほど鼻息が荒くなります


779 名前:お ◆IbrY9GJNGY [sage] 投稿日:2012/09/22(土) 21:29:59.17 ID:UdcmhYej0 [12/23]
再生を押すといきなりでした
いきなりユリの丸く大きめのお尻がドアップです
その白い桃のようなお尻に
薄緑の膜がかかった太い棒が何度も入ったり出たりしていました
それがコンドームをつけたマモルのちんこだと気づくには数秒かかりました
揺れる画面に結合部分がドアップでした
ピストンの度ににっちゃにっちゃとやらしい音が響いてました
少し待つと画面が少し引いて白い背中が写りました
ユリの背中です
バックでやってたようでした
(後でマモルに聞くと、最初は正常位で撮ろうとしたんだけど
ユリが顔が映るのを絶対嫌がってこうなったそうです)

780 名前:お ◆IbrY9GJNGY [sage] 投稿日:2012/09/22(土) 21:33:26.68 ID:UdcmhYej0 [13/23]
ユリは慌てて俺の目を塞ぎにきました
照れ笑い:泣きそう=2:8くらいの表情で
必死に俺の顔を両手で隠そうとしてきました
それをなんなく制すると
ヌヌヌ(・.・;)とすぐに諦めて俺の胸に顔を埋めました
「・・・見ちゃだめぇ」
その声はとても弱々しく、でもとても可愛かったです
画面に視線を戻すとにっちゃにっちゃとゆっくり目のピストンで
嫁はバックから犯されていました
画面の中の嫁は顔を枕に押し当てていて声を抑えているようでした


781 名前:お ◆IbrY9GJNGY [sage] 投稿日:2012/09/22(土) 21:38:21.75 ID:UdcmhYej0 [14/23]
マモルはピストンしながら嫁に声をかけていました
ニッチャニッチャ「気持ち良い?」
嫁は無視です
マモルはカメラを横に置きました
嫁の全身が写ります
四つんばいで顔を枕にうずめている横姿が全て画面に入りました
マモルは胸から上だけが途切れている感じです
でも結合部分はばっちりで
嫁の白く柔らかそうな腰と
マモルのそれなりに男っぽい色や形の腰のコントラストは頭がくらくらするほどHでした
男と女のセックスって感じでした
たまに彼女や嫁をAVに出させる男がいると聞いたことがありますが
こういうのを見たら気持ちはわからないでもありません
多分普通に生きてた一生分の興奮したと思います

785 名前:お ◆IbrY9GJNGY [sage] 投稿日:2012/09/22(土) 22:02:30.73 ID:UdcmhYej0 [15/23]
両手が自由になったマモルはユリの腰をがっちり掴み
ぐいぐいとピストンを始めました
パンパンパン「気持ち良い?」
画面の中の嫁は一瞬レンズを見てすぐにまた顔を枕に押し当てました
現実の嫁はずっと俺の胸に顔を押し当てて画面から目を逸らしています
パンパンパンパンとマモルがピストンする度に
ユリのお尻の肉が揺れていました
そのリズムに合わせて胸も揺れていました
形の良い胸は重力に従って完全にお椀みたいになっていて
ぷるんぷるんと柔らかそうに揺れていました
俺は思わず現実のほうの胸を揉みました
やっぱり柔らかかったです
これがさっきまで他の男に揺られていたのかと思うと
なんというか泣きそうになったり感動したりな感じです


786 名前:お ◆IbrY9GJNGY [sage] 投稿日:2012/09/22(土) 22:04:37.35 ID:UdcmhYej0 [16/23]
パンパンパンパン「気持ち良い?」
ユリは顔を埋めたまま首を左右に振ってました
マモルはそれを確認するとピストンを強めました
ユリはシーツをぎゅっと掴み耐えているようでした
バンバンバンバン
嫁はびくっと上半身を弓なりに反らしました
その時一瞬見えた表情は快感に耐えられない女の顔でした
嫁はすぐに顔を元に戻していましたが感じているのは明らかでした
声も我慢しているし表情も見えませんでしたが
明らかに身体がマモルのピストンにびくびくと反応していました
ユリのシーツを掴む手が明らかに力が入っていきました

788 名前:お ◆IbrY9GJNGY [sage] 投稿日:2012/09/22(土) 22:07:03.04 ID:UdcmhYej0 [17/23]
そのうち嫁の身体が大きく痙攣しました
大きなお尻がびくんっ、と何度か小刻みに跳ねたのです
マモルのピストンも中断されました
画面の中からは、はぁはぁと嫁の息切れの声がうっすらと聞こえてきます
現実の嫁は耳まで真っ赤にして「・・・いやぁ」と俺の胸の中で呟いてました
その頭を撫で撫でしながら画面の中の嫁を見ると
マモルに貫かれたまま相変わらず身体を小刻みに震わせていました
「いった?」とマモルが尋ねると
嫁はぷるぷると小さく首を左右に振ってました
「じゃあ動いていいよね?」とマモルはピストンを再開
嫁はひぃっ、と声にならない声を上げました
「いっ、いっ、だめ、だめ・・・・・・あっ、いっ、い」

791 名前:お ◆IbrY9GJNGY [sage] 投稿日:2012/09/22(土) 22:11:23.24 ID:UdcmhYej0 [18/23]
嫁(現実)は何度も俺の耳を両手で塞ごうとしてきましたが
俺はその両手を握って制しました
すると嫁は俺の目と耳を塞ぐのは諦めたようで
自分の耳を塞いでますます俺の胸に顔を押し当ててきました
「もう穴掘りたい~w」とうにゃうにゃ言ってました
もう茹で上がったかのように顔が真っ赤です
画面の中の嫁はもう普通にピストンされています
でもやはり顔を枕に押し当てて声だけは再び我慢していました
パシッパシッパシっという二人の肌がぶつかる音だけがリズム良く響いてました

792 名前:お ◆IbrY9GJNGY [sage] 投稿日:2012/09/22(土) 22:13:47.47 ID:UdcmhYej0 [19/23]
嫁は二度目の大きな痙攣をすると
「・・・もう切ってぇ」とマモルに懇願してました
「いつもの言ったら切ってあげるよ」
「・・・え?」
「ほらこないだの」
「・・・やだぁ」
「じゃあこのまま」パンパンパン
「あっ、あっ、だめ」
「じゃあほら」パンパンパン
「あっ、あっ・・・お、おっ君ごめんなさい・・・ごめんなさい」

793 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2012/09/22(土) 22:17:27.71 ID:XX2qU4eN0
しえん
ごめんなさいがたまらん

794 名前:お ◆IbrY9GJNGY [sage] 投稿日:2012/09/22(土) 22:17:58.48 ID:UdcmhYej0 [20/23]
嫁がそう言うとマモルがカメラに向かって手を伸ばしました
俺は正直物足りなかったです
なんだこの程度か、正直思ってしまいました
もっと何か言わされてるかと思っていたのです
しかしお楽しみはこれからでした
マモルは切る振りをして切っていなかったのです
「・・・切ったの?」という不安そうな嫁の声が聞こえます
現実の嫁は俺の胸元で「・・・はぁ」とため息をついてました
「切った切った」と言うとマモルはピストンを再開しました



796 名前:お ◆IbrY9GJNGY [sage] 投稿日:2012/09/22(土) 22:19:23.67 ID:UdcmhYej0 [21/23]
嫁は我慢しきれないといった様子で喘ぎ始めてしまいました
「んっ、んっ、はっ、んっ」
「いい?いい?」
「あっあっあっ、いいっ、いいです・・・あぁ・・・すごい」
枕から顔を上げて蕩けきった嫁の表情が見えます
嫁はカメラを見ると(*_*;と一気に表情を驚かせ
「あ、ああ?ええ?・・・だ、だめっ、だめ、だよ・・・あっ、あっ、あっ」
「いいじゃんいいじゃんw」
「あっ!あっ!あっ!だ、だめっ」
「俺もうすぐだからさ」
「ああぁっ、だめっ、だめっ、あっ、あっ」
快感のせいもあるでしょうが
頼まれると嫌と言えない嫁の性格が最も大きな敗因でしょう
「いくよ?いくよ?」
「ああっ、もうっ、ううぅっ・・・ああああ・・・ん」


797 名前:お ◆IbrY9GJNGY [sage] 投稿日:2012/09/22(土) 22:21:00.74 ID:UdcmhYej0 [22/23]
嫁はマモルの射精をゴム越しに受け取ると
ぐったりとその場に倒れこみ
「・・・はやく消してぇ・・・」と力弱く呟いてました
映像はそこで終わりでした
嫁はそれを察知すると普段見せない機敏な動きで立ち上がり
そして速攻でデータを消しました
絶対保存しておきたい
どうやって嫁にお願いしようか?
何が何でも保存したい
どんな高級品でもおねだりOKだ
と心の中で願った瞬間の出来事です
嫁は顔を真っ赤に染めたまま
俺とは視線を合わせれない様子でその場に立ち尽くしました
俺がおいでおいでとすると
照れくさそうに俺の上に座ってきました
その晩燃え上がったことは言うまでもありません

802 名前:お ◆IbrY9GJNGY [sage] 投稿日:2012/09/22(土) 23:08:21.51 ID:UdcmhYej0 [23/23]
ただ自分はどうも言葉攻めの素質は無いようです
どうしても恥ずかしくなっちゃいます
「ごめんなさいって俺にも言ってw」
「やだ~w」
みたいなへたれた感じです

普通ならマモルの行動は激怒するところなんでしょうが
嫁は本当気弱で押しに弱いのでそういうことが出来ないのです
かといってなんでもかんでも好き勝手にやるのは悪いので
この件はきちんと嫁の前でマモルに教育的指導を伝えることで旦那としてケジメをつけました
(裏では感謝を伝えました)
今回はここまでです
この辺から俺はいかに嫁が他の男に抱かれてる姿を見るか?
という点において頭を悩ますことになっていきます
それではお疲れ様です


スポンサーサイト
[PR]

テーマ : ネトラレ・NTR
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ssikubarukan

Author:ssikubarukan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
8940位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フェチ
926位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
逆アクセスランク
無料レンタル
Imoba
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
フリーエリア
fc2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR